ARCHIVE

 アーカイブ


2022.6.7

山中透ソロコンサート

 『第七の封印 The Seventh Seal』

 
   小羊が第七の封印を解いた時
   半時間ばかり天に静けさがあった
   第七の封印
   しばらく沈黙があり、祈りがささげられる
 

 
    作曲:山中 透
    演奏:山中 透、石川 智久  
    映像:山根 晋、竹内 祥訓
    照明:CHIDA OFFICE
    記録写真:KENSAKU SEKI
    主催:Toru Yamanaka / SC∀L∃R(スカラー)
 
    ▶︎日時:2022年6月7日(火)19:00〜
    ▶︎会場:MUSICASA website
    ※チラシダウンロード  The_Seventh_Seal.pdf

 
 
 
photo:KENSAKU SEKI
 
photo:KENSAKU SEKI

 

2022.6.7

山中透ソロコンサート

『第七の封印 The Seventh Seal』

 
小羊が第七の封印を解いた時
半時間ばかり天に静けさがあった
第七の封印
しばらく沈黙があり、祈りがささげられる

 
 
    作曲:山中 透
    演奏:山中 透、石川 智久
    映像:山根 晋、竹内 祥訓
    照明:CHIDA OFFICE
    記録写真:KENSAKU SEKI
    主催:Toru Yamanaka / SC∀L∃R(スカラー)
 
    ▶︎日時:2022年6月7日(火)19:00〜
    ▶︎会場:MUSICASA website
             The_Seventh_Seal.pdf
 

photo:KENSAKU SEKI
 
photo : KENSAKU SEKI

 

ENIGMA PROJECT

 

『ENIGMA PROJECT』は、2012年に京都で初演されたパフォーマンス作品「ENIGMA」を、領域の異なる第一線で活躍するアーティス達が様々な角度から分析し、新たなパフォーマンス作品として再構築するプロジェクトです。
「ENIGMA=エニグマ」は、ギリシア語「ainigma=謎めいた言葉」を語源に持ち、英語で「謎」や「不可解なこと」を意味します。第二次世界大戦中にナチス・ドイツによって開発されたローター式暗号機の名前としても用いられました。ENIGMAというキーワードに対し、サウンド、メディア、身体、言語など、メンバーそれぞれの専門分野から、問いや専門性をもって創造的にコミットし、様々な角度から協働で制作を行っています。
 
詳細はこちらをクリック

 

ENIGMA PROJECT

 

『ENIGMA PROJECT』は、2012年に京都で初演されたパフォーマンス作品「ENIGMA」を、領域の異なる第一線で活躍するアーティス達が様々な角度から分析し、新たなパフォーマンス作品として再構築するプロジェクトです。
「ENIGMA=エニグマ」は、ギリシア語「ainigma=謎めいた言葉」を語源に持ち、英語で「謎」や「不可解なこと」を意味します。第二次世界大戦中にナチス・ドイツによって開発されたローター式暗号機の名前としても用いられました。ENIGMAというキーワードに対し、サウンド、メディア、身体、言語など、メンバーそれぞれの専門分野から、問いや専門性をもって創造的にコミットし、様々な角度から協働で制作を行っています。
詳細はこちらをクリック